岩手県のイメージ

岩手県のイメージってどんな感じ?※岩手に行ってみた印象

岩手県のイメージはどんな感じか?

岩手県に行ったことがありますか?

 

そもそも行ったことがない人がイメージを語るべきではないですよね。

 

私はもちろん岩手に何回も行ったことがあります。だって近いですから笑。

 

それで本題の「岩手県のイメージ」ですが東北では観光地が多いところだと思います。ですから遊べるというかいろいろ見て回れるのが岩手県の良いところでしょう。

 

観光には良いところです。歴史情緒ある場所や自然が多い観光地など多彩だと思いますね。北東北だと青森、秋田に比べて格段に観光には向いてます。また大きなスキー場もあって冬も良いのではないのかって思います。

 

ですから岩手県のイメージは悪くないですよね。

 

都市としては普通の地方都市

次に都市としてどうか?と言うと地方の都市だなと言えます。

 

都市的な観光は望めなく、盛岡市はそれなりに栄えていると言えばそうですが関東圏と比較するとそれは小さい都市ですよね…。

 

ですから余り中心街には魅力があるとは言い難いです。それよりも奥州市や花巻市、小岩井農場などに行った方が断然楽しいです。

 

盛岡市に行って何があるか?と言われても困りますね。わんこそばとか食べれたっけ???という感じです。

 

私は少食なのでわんこそばは余り得意じゃないです。一杯食べたい人は食べもいいんでしょうがそんな美味しいものではないと思いますよ。

 

岩手と文学

岩手と言えば文学かもしれません。

 

宮沢賢治や遠野物語などで有名ですね。確かに岩手にはそういった雰囲気があると思います。

 

長年住んだことがないのでハッキリとは言えませんが、文学が生まれるような素地がある感じがします。

 

田舎なんだけどただ田んぼがあるだけの風景ではなく、そこに文化があるような雰囲気があって他の東北の県とはやや違った地域であるというように感じます。

 

それは古くは藤原氏がこの地域を治めていた訳で奥州藤原氏は一説によれば東北人ではなく、京都人であり、それを証拠立てるような東北にはない文化遺物が残っていますよね。

 

特に国宝である、中尊寺金色堂なんていうのは近県にはない異質の文化です。100%証拠立てるものはないのかもしれませんが、明らかに奥州藤原氏は東北人ではないということは間違いないでしょう。

 

あのようなハイカルチャーが平安時代からあった地域ですから文化水準が高くない訳がありません。そういった影響もあってか岩手は東北でも文化的には異質です。

 

ただの田舎ではない文化的な雰囲気がする場所なんです。これは東北に住んだことがないと分からない感覚かもしれませんね。

 

総評して岩手とは?

岩手は歴史的な意味において文化レベルが高い地域です。

 

現代のような無味乾燥な社会の中に点在する遺物や風景が残存しているところが魅力です。

 

文学好きや歴史好きにはその雰囲気を直に感じられる地域でこういう県は東北では岩手県以外にないと言って良いでしょう。

 

車買取 岩手はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ